Looopでんき 一人暮らし

Looopでんきは一人暮らしでも料金が安くなる?

電気料金が安くなることで注目を集めている新電力会社のLooopでんきですが、一人暮らしの世帯でも料金は従来の電力会社よりも安くなるのでしょうか。新電力への切り替えをしてでんき料金が毎月お得になる世帯の多くはファミリー世帯というイメージがありますよね。

 

一人暮らしの世帯がLooopでんきに切り替えをしても料金がお得になる可能性があるのかどうか、調べてみました。

 

一人暮らしでも冬場の電気代が1万円を超えてしまうという男性の一人暮らし世帯では、Looopでんきに切り替えて月々約900円の節約になっているそうです。この方がLooopでんきを選んだ理由は、新電力の比較サイトでのシュミレーションで最も診断結果が安かったのがLooopでんきだったからとのことでした。

 

シュミレーションでは、年間で4000?5000円程度の節約ができるという結果でしたが、実際には毎月800?900円の節約になっているそうで、実際の料金の方がシュミレーションよりもお得になっているようです。

 

30代の女性の一人暮らし世帯でも、Looopでんきに切り替えて毎月の電気代が500円近く安くなったそうです。もともと、月々の電気代は3000円前後と高くはありませんでしたが、電力の自由化を機に新電力に興味を持ち切り替えをしたところ、電気代の節約につながったようでした。

 

もともと電気代が高くはない一人暮らし世帯や、日中家にいないライフスタイルの方でもLooopでんきへの切り替えで電気代が安くなる可能性はあるようですね。

 

>> Looopでんきの詳細はこちら

 

 

Looopでんきのマイページへのログイン方法は?

 

Looopでんきはお申し込みもwebからの手続きとなっていたり、毎月の使用量や明細の確認も公式サイトのマイページから行うシステムになっています。Looopでんきに切り替えた場合には、頻繁にマイページにログインすることになりそうですが、ログイン方法は簡単なのでしょうか。

 

Looopでんきのマイページは、公式サイトの右上に表示されるバナーからログイン出来ます。ログインの際には契約者IDとパスワードを入力します。契約者IDはLooopでんきに登録した際に入力したメールアドレスです。パスワードは、供給開始日が記載されたハガキや登録したメールアドレスへの確認メールに記載がありますので、忘れてしまった場合にはそちらを確認すると良いでしょう。

 

loopでんきのマイページにログインすると、毎月の明細の確認や契約者情報などを確認・変更することができます。従来の電力会社と違って、紙の明細が発行されませんので、電気料金の確認は毎月マイページにログインして行う形になります。

 

また、電話番号や名前の変更など、登録情報の変更もマイページから行うことができますので便利です。Looopでんきに切り替えた際には、マイページのログイン時に登録したメールアドレスとパスワードが必要になるので、この二つがいつでもわかるように管理することをおすすめします。

 

 

 

Looopでんきの解約方法は?

 

Looopでんきに切り替えたものの、思ったより電気料金が安くならなかった、クレジットカードでの支払いが面倒などの理由で解約したいと思った場合にはどうやって解約したらよいのでしょうか?解約方法が煩雑なのであれば、契約する際のネックにもなり得ますよね。

 

Looopでんきの契約は、一年ごとの契約期間となっています。契約後に解約できない期間や、解約条件などもなく、いつ解約しても解約金はかかりません。解約方法は、Looopでんきの公式サイトにある「総合お問い合わせ窓口」に表記がある電話番号への電話連絡をする形式です。

 

電話番号が複数ありますが、個人での契約か法人での契約の該当する方の電話番号に電話をかけることで解約が可能です。解約の電話をしても、すぐに解約が成立するわけではないので、引越しの際などには10日前までに解約の電話連絡が必要になります。電話の受付は年中無休で行っており、受付時間は9:00?20:00となっています。

 

また、Looopでんきから他社の新電力に切り替える場合にはLooopでんきへの解約の手続きは不要です。切り替え先の小売り電気事業者がLooopでんきの解約手続きを行います。

 

電話をかけるだけで解約が可能なのであればとても簡単ですね、Looopでんきに契約する際に、解約が面倒なのでは?という点は心配しなくて良さそうです。

 

>> Looopでんきの詳細はこちら

 

 

Looopでんきでアンペア変更はできる?

 

頻繁にブレーカーが落ちるご家庭では、Looopでんきへの切り替えを機にアンペア変更を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?Looopでんきへの契約中にアンペア変更をすることは可能なのか調べてみました。

 

従来の電力会社との契約では、アンペア数によって基本料金が定められていました、Looopでんきでは、基本料金の設定がなく電気を使用した分だけ料金を支払う「定量制」を採用しているため、契約アンペアを気にする必要がありません。

 

従来の電力会社では契約アンペアを超えて電気を使用するとブレーカーが落ちて停電していましたが、Looopでんきの定量制ではアンペアの制限がないので、同時にたくさんの電力を使用しても停電をすることがありません。

 

しかし、使える電力量はお住いの住居の電力量によって上限値がありますのでそれを超えての電力の使用はLooop電気への切り替え後であっても物理的に不可能です。電気をたくさん使いたい場合には、Looopでんきへの切り替え前に地域への電力会社に連絡をし、場合によっては電力をたくさん使えるようにするための工事が必要になります。

 

Looopでんきへの切り替え後にこの工事を行うと費用がかかる可能性が高いので、頻繁にブレーカーが落ちるのでアンペア数を上げたいと感じている場合には、Looopでんきへの切り替え前に地域の電力会社に連絡をしてください。

 

反対に、電気料金を安くしたいのでアンペア数を下げたいというご家庭の場合にはアンペア数の変更をせずにLooopでんきに申し込みをして大丈夫です。

 

 

 

太陽光発電システムでの売電ならLooopでんきがおすすめ!

 

loopでんきの「Looopでんき+」というプランは、ご自宅に太陽光発電システムをお持ちの家庭向けのお得なプランです。余剰電力の卸供給先をLooop社に指定することでLooopでんきの電気料金単価を1kWhあたり1円割引してもらうことができ、Looopでんきの余剰電力を売電するような形になります。

 

これからご自宅に太陽光発電システムを導入しようと検討している方であれば、パネルをLooop Homeにすることでさらに電気料金が1kWhあたり1円安くなります。Looop社は太陽光パネルの製造、運営を基盤事業としているためこういったシステムを採用することができるようです。

 

自宅に太陽光発電システムを入れて売電をしようと考えている方には、Looop Homeの導入と自宅の電力供給会社をLooopでんきに切り替え「Looopでんき+」のプランを採用するのがおすすめです。全国どのエリアでも業界最安値を実現できると話題になっています。

 

Looopでんきは沖縄以外であれば全国どこでも電力の供給が受けられるようになりました。Looop社はこれからも電気代の構造を理解して、電気代を最安値にしていくサービスを作る方針だそうです。

 

これからもLooopでんきの動向には注目したいですね。

 

>> Looopでんきの詳細はこちら

更新履歴